自己破産をする前に調べておきたいこと

自己破産のメリットとデメリット

借金でどうにも身動きができなくなって自己破産しようと思ったら法律の専門家に相談しましょう。法律の専門家、いわゆる弁護士さんです。弁護士さんはその状況にあった方法を提示してくれます。ただ、相談する前にそれがどういう方法なのかを知っておく必要があります。なぜなら自己破産には、メリットもデメリットも存在します。
 
アドバイスする弁護士
 

自己破産の手続き代行を行ってくれる業者の宣伝文句を見てみるとあたかも自己破産にはデメリットがないかのような書き方をしている所もあります。ですから何も知らずに手続きを行ってしまい、自己破産後のデメリットに困惑している方も少なくないのです。そんな事にならないよう、自己破産を検討している場合はメリットもデメリットも理解した上で行なうと良いでしょう。

 

自己破産について知識をつけよう

 
自己破産のメリットですが、借金がなくなる事であります。借金が原因の悩みをいくつも抱えている方にとってはこの上ないメリットと言えます。自己破産を裁判所に申し立て、破産手続き開始決定を受けて支払能力がないと判断された場合は、借金が帳しになります。自己破産に上限はありませんから、50万円の借金で自己破産を申し立てる方も居ますし数億円の借金を抱、自己破産を行う方もいます。

 

自己破産を申し立てるものの支払能力があるかどうかで判断されますから小額であっても高額であっても、返済不能とみなされれば借金を帳消しにする事が出来るのです。しかしここで勘違いしてはいけないのが、公共料金や罰則金、慰謝料などの滞納分の返済義務、支払義務は残るという事です。帳消しになる借金は、金融機関や家族、友人等から借りて出来た借金だけです。これらの返済、支払義務は残りますから、自己破産後、金銭状況が落ち着いたらしっかりと支払っていかなくてはなりません。

 

金融機関などへの返済義務がなくなるわけですから、これらの返済、支払もそれほど難しい事ではなくなるのです。自己破産のデメリットと言えば、信用情報に傷が付くのでキャッシングやローンが利用できなくなる事であります。自己破産を行い、8年から10年経過すれば、利用できるようになる!などと言いますが、実際は信用情報から事故情報が抹消された後もキャッシングやローンが利用できない事が多いのです。

 

自己破産を機に借金とは無縁の生活を送りたいという方には、なんてことはないでしょうが、キャッシングやローンが利用できないとなると、大きな買い物を行う際などに、資金繰りに困ってしまいがちであります。

 

 

ひょっとしたらあなたも過払いしている?
何もかもを失う自己破産について
任意売却なら競売の場合よりも高く売却することができる
メリットの多い任意売却は早めに専門家に相談を
任意売却は競売よりも市場価格に近く早期に売却が可能
競売がスタートする前に任意売却などの方法で回避する必要があります
過払い金について
任意売却の進め方
任意売却の活用
自己破産のメリットはあるか
過払い金は返してもらえる
任意売却で借金を減らす
自己破産による生活への影響
過払い金は取り戻す事が出来ます
任意売却の仕組みについて
任意売却の成功と失敗
任意売却と競売では売れる価格が随分違う
自己破産という選択をした経緯
過払い金の訴訟は弁護士に依頼をすべきか?
任意売却の情報を調査する方法