自己破産をする前に調べておきたいこと

HOME >>  任意売却 > 任意売却で借金を減らす

任意売却で借金を減らす

住宅ローンを滞納すると金融会社は住宅を差し押さえ、貸したお金を回収するために家を競売にかけます。競売は資金を確実に回収するためのものなので、家の価格は評価額よりかなり低めに設定されます。

 

そのため家を売却しても、まだ多くの借金が残ってしまいます。その上、家を売却したお金は全て金融業者のものになるために、手元には全くお金がない状態になってしまいます。

 

そのような状態になるのを防ぐためには任意売却をすると、借金を減らすこともできますし今後の生活の目処をたてることもできるようになります。任意売却をすると競売よりずっと高く家を売ることができるため、借金をその分減らすことができます。

 

また金融会社との交渉しだいで手元にいくらかのお金を残したり、今後返済するお金を無理なく支払いやすいよう考慮してもらうことも出来ます。

 

任意売却をする際は無料で相談を受け付けている専門家も多いので、まずは相談してみることから始めるとよいでしょう。