自己破産をする前に調べておきたいこと

HOME >>  任意売却 > 任意売却の仕組みについて

任意売却の仕組みについて

任意売却とは、不動産をローンで購入したのに返済が不可能になってしまった時に、購入した不動産を債権者・債務者の合意を得たうえで売却し、ローンの残債に充てる債務整理の方法です。

 

通常ならローンの支払いに問題が生じた場合は、抵当権が設定されている不動産物件を債権者が差し押さえ、裁判所を通じて競売にかけることによってローン残高の整理に充てられますが、任意売却では、裁判所を通さずに通常の不動産取引と同じ手続きで不動産を売却します。

 

任意売却の一番のメリットは、裁判所を通じて競売で不動産物件を売却するよりも高い金額で不動産物件が売却できることです。不動産の買い手側も、通常の不動産購入と同じ手続きで購入できるので、競売物件のように様々な制限や規則に縛られずに物件を購入することが可能です。

 

任意売却が成功すれば、競売で不動産を売却するよりもローンの残債務を減らすことが可能です。債権者はより確実に貸付金を回収でき、債務者側は残債務の額を減らすことができるという両方にメリットがある仕組みです。