自己破産をする前に調べておきたいこと

HOME >>  任意売却 > 任意売却の成功と失敗

任意売却の成功と失敗

ローンの返済のために自ら家を手放す選択をすることで、流れに任せるよりも大きなメリットを得ようという任意売却。これの成功という基準はローンの完全返済に他なりません。

 

競売よりも大きな金額を手に入れることで、債権者への払い込みを終え、尚且つ引越しの資金までも捻出することができれば、任意売却ではベストの結果を得たと言えるでしょう。それがけして困難なことではないのが、この方法の魅力なのです。

 

対して失敗と考えられるのが、多額の残債務を残してしまった場合です。任意売却をしても払いきれなかったお金は、そのままなくなるわけではなくこの先もローンとして残ります。

 

任意売却をしたからそれで全て解決というわけではなく、結果次第ではこの後のローンを払う必要があるのだということを忘れてはなりません。

 

任意売却はとても頼もしい切り札ですが、けして万能ではないことを頭に入れておきましょう。いい加減な滞納を続けていると、そもそも任意売却の許可が、債権者からおりない可能性も考えられます。

 

切り札は最後の手段として、出来るだけローンを払っていけるよう工夫していきたいものです。