自己破産をする前に調べておきたいこと

HOME >>  任意売却 > 任意売却は競売よりも市場価格に近く早期に売却が可能

任意売却は競売よりも市場価格に近く早期に売却が可能

一般的に競売手続を利用せずに、債務者(所有者)と債権者が合意すれば、任意売却により不動産を売却することが出来るのです。任意売却は競売よりも市場価格に近く、早期に売却が可能ですので、債務者、債権者双方にとってメリットがあります。

 

任意売却の流れ

 
それでは、一般的な任意売却の流れについて見ていきたいと思います。
 
48393704c0f7ace9948b9750174c480e_m
 

1.事前相談・相談相手ですが、信頼できる不動産業者か取引のある金融機関がいいのでは・この事前相談が重要な意味を持ちます。ローンの滞納はいつからか、差し押さえはあるか、抵当権設定者以外に債務はあるか、固定資産税他税金の滞納はあるか、そして差し押さえはあるか、またマンションの場合は管理費、修繕積立金等の滞納はあるか等の実状調査が大変大事です。

 

2.不動産価格査定・最近の周辺での取引事例を中心に合理的な価格の査定を行います。

 

3.媒介契約締結・債務者(所有者)と契約の締結を結ぶ

 

4.債権者との売り出し価格等の交渉を行う

 

5.販促活動・業者は近隣周辺を中心にチラシを作り、販売活動を行う

 

6.売買が纏まる時には・配当案作成を行って各債権者に合意を取り付けるとともに、抵当権抹消承認が得られるようにする

 

7.売買契約締結・買主との売買契約を行う 所有者の引っ越し、業者は配当案に沿って債権者に分配を行います。