自己破産をする前に調べておきたいこと

HOME >>  任意売却 > 競売がスタートする前に任意売却などの方法で回避する必要があります

競売がスタートする前に任意売却などの方法で回避する必要があります

kyoubaitoninnibaikyaku

住宅ローンの返済 ができなくて延滞したような場合には、そのままにしていると、督促状が債権者から届きます。督促状が届いた場合には、一括で住宅ローンを返済することを要求されます。

 

しかしながら、住宅ローンの返済ができないために延滞しているので、一般的には一括返済できないでしょう。そのため、債権者から債権は債権回収会社へ移されます。

 

そこで、競売物件ということで一般に公開されるため、その家が競売になっているのは、みんなに知られてしまいます。一般的に、住宅ローンの遅延がはじまると半年くらいでここまできます。

 

知られないためには任意売却を行う必要があります。

住宅ローンの返済ができないことを近所の人に知られたくないのであれば、競売がスタートする前に任意売却などの方法で回避する必要があります。

 

任意売却であれば、一般的に近くの人には引越しと思われるだけで住宅ローンの遅延のことは知り得ません。そのため、任意売却を行うのであれば、できる限り早く相談した方がいいでしょう。